古代人と現代人の悩み

古代人と現代人の悩み

古代エジプトのパピルス(紙)にも、男性の下半身の悩みが記されているそうです。
そして、その改善方法や精力剤の作り方も記述されています。
原材料は、棘の葉、アカシアの葉、蜂蜜。蜂蜜の中で、これらの葉を潰して、包帯にして用いよ、とある。効果の程は不明だが、古代から精力の減退や持続力の悩みなどはあったようです。
現代人の精力は、この頃の人々と比べると、一体どれくらい違うのでしょう。
勿論、単純に比較ができる問題ではありません。
ただ、24時間、電気のある生活を得た現代人のほうが、間違いなく生活リズムは乱れがちだと思いますし、食生活にしても現代人のほうが飽食であり、偏った食事をしていると思います。また競争や複雑な社会の中にあって、人間同士のストレスも大きいのではないでしょうか。
ですから、男性の体力、気力の悩みに関しても、現代人のほうが悩む人の数も多く、深刻な気がします。
では、そんな現代人であるわれわれが、健康的な精力、体力、気力を保つためには、どんなことに気を配ればいいのでしょう。
生活リズムを整えることやストレスをためない心がけをすることは間違いなく大切です。
それに加え、どのような食べ物や栄養を摂取するか、ということも重要です。

精力剤の力を借りることもいいのですが、まずは精力をつけるために日頃の食事で取れるものもあります。
代表的なのは、ニンニク。
疲労回復や精力増強に期待できます。また、オクラ、山芋、納豆などのネバネバ食品も精がつく、と聞きますね。これにはムチンという成分が効果をもたらしてくれるようです。
他にも、亜鉛を含んだ食品は、精力がつく、といわれています。
亜鉛は、牡蠣や前述の納豆、うなぎなどに多く含まれています。
ただ、注意しなければいけないのは、摂取しすぎは良くないということです。
バランスよく、適度に摂取することが大切です。
  しかし、こうすれば体にいい、ということは十分知っていても、なかなか全部は実行できないのが、現代人の実情だと思います。
そんなときは、精力剤やサプリメントで補っていくのも一つの方法かもしれませんね。





Copyright (C) 2012-2014 精力剤ナビ All Rights Reserved.